2021年1月8日金曜日

住宅の中で物語や絵になる場所

 「住宅の中で中で物語になる、絵になる場所はどこですか?」と質問されたら
 どう答えますか?

 「リビング」や「外観」という答えが多いと思います。

 私なら「階段」と「窓」と答えます。
 正解はありませんから私の主観です。

 「階段」は上と下をつなぐ場所、人と人が出会う場所、
 映画や劇場のワンシーンのように演者がゆっくり降りてくる演出の場所、
 階段はドラマチックな場所だと思うのです。

 「窓」は外と中をつなぐ場所、中から外を見る場所、
 人が出入りする場所、光や風を取り入れる場所
 機能的な役目も当然あるのですが、
 
 窓辺に立つ人、窓辺に置かれた物の光と陰、
 窓から見える景色、外から見た窓越しの中、光と風が奏でるハーモニー、
   窓のある外観、

 窓って家の中で「絵になる場所」だと思うのです。 


 猪熊弦一郎美術館の企画展
 窓をめぐるアートと建築の旅「窓展」

 やはり、窓は家の中で一番絵になる場所なのですね。

 1月11日まで開催。
 窓をテーマにした絵画、写真、ドローイングなど
 興味のある方は是非、観てください。


 


 

 


0 件のコメント:

コメントを投稿