2016年2月3日水曜日

上棟式祝詞

2日は牟礼町のY様邸の上棟日
前日から建て方で夕方までには屋根仕舞いも完了
4時から上棟式です。
吉田建設の上棟式では、神棚にお供え物を供え、祝詞奏上は社長の担当。

祝詞の最後の一文をご紹介しましょう。
「・・・・・・千代常登婆に。守給幸給へと。恐み恐みも白す。」



訳すると
「この家族をがいつまでも安全に暮らせるようにお守り下さい。
家族がこの家で幸せになりますように」
上棟できたことを感謝してこのように神様に祈願するのです。

吉田建設の家づくりの想いは
「家は家族の成長を優しく見守り包んでくれる・・・。30年後も安心・笑顔で住み続けられる家」
「何よりも家族が本当にしあわせに暮らせる家をつりたい。」
吉田建設はこのような想いで家づくりに取り組んでいます。


昔からの棟梁の家づりの想いは今も変わりないのですね。
「家族が幸せになる家づくり」
これからもこの言葉を命じて家づくりに取り組みます。





0 件のコメント:

コメントを投稿