2017年11月28日火曜日

家づくりのミライを考える





新建ハウジング主催の

「性能・経営・家づくりの最先端を学ぶ3日間」

~ポスト2020年を考えるトークセッション~

このキャッチコピーにつられて

3日間都合をつけてセミナーを聴くために東京まで出張してきました。


 

講演者もここまでは簡単にはそろわないような人たち

また内容も書ききれないほど新鮮で

これからの家づくりの参考になる話ばかり

 

吉田建設の家づくりのこれからの10年先が

なんとなく見えてきたような気がします。


 

その中で印象に残ったこと

 

堀部 安嗣

「お施主様は私の設計に喜びは感じてもらっている。

温熱環境を良くした設計では住んでからの喜びが更に増す。」

堀部氏が温熱環境に関心を持ち始めたのがここ2,3年だそうです。

 

伊礼 智

これからの伊礼さんの建築家としてのテーマは何でしょうか?と尋ねられると

「温熱の調和と今までのデザインを融合させること」

 

「二人とも日本を代表するよう住宅建築家です。

二人が日本のこれからの住宅の方向性について

温熱環境が大切だと話されたことが少し驚きでした。

吉田建設の家づくりの確かさを感じました。



















































0 件のコメント:

コメントを投稿